楽天・ブセニッツが崖で立ち往生 窮地を救ったのは…

2021年02月21日 23時33分

則本昂(右)に救出されたブセニッツ

【目撃】楽天キャンプに陽気な助っ人、アラン・ブセニッツ投手(30)が合流した。来日から2週間の隔離期間があったため、ようやくチームメートと練習できることがうれしかったようで…。

 練習中にはなぜか急に自分のクツを蹴り上げ、崖の上のほうに飛ばすなど、かなりはしゃいでいた。ところが、このクツを取りに崖をよじ登ろうとしたところ…。もう片方のクツも脱げてしまい、身動きが取れなくなる大ピンチに陥ってしまった。

 そこへさっそうと登場したのが、則本昂大投手(30)。軽業師のごとくヒョイヒョイと崖をよじ登ってクツを拾い上げ、ブセニッツのピンチを救ってあげてました。

 本来、ブセニッツはピンチを救う立場のリリーフ投手。こんな感じの立場逆転もいいですね。

(2月21日、金武町ベースボールスタジアム)

関連タグ: