阪神ドラ1・佐藤輝 部員がたった一人のサウナ部を復興だ!

2020年12月07日 11時00分

施設見学に参加した佐藤輝

“裸の付き合い”ができる日はいつになるのか――。4球団競合の末に、阪神への入団が決まったドラフト1位・佐藤輝明内野手(21=近大)は、6日に行われた球団施設見学に参加。半日かけて甲子園球場、クラブハウス、若手寮・虎風荘などを見て回り「来年からここで戦うんだという気持ちになりました。活躍する姿をファンの方々に見てほしい」と気持ちを新たにした。

 特に印象に残った施設にウエートトレーニング室を挙げていた佐藤輝だが、別にもう一つ気になった場所がある。当面の住まいとなる、虎風荘内に設置されているサウナだ。

 佐藤輝はテレビ番組などでも公言するほどのサウナ好きで知られる。疲労回復やトレーニングの一環としてではなく「純粋に気持ちいいから好きです。サウナ↓水風呂↓休憩で3セットくらいすると、ととのうって言うんですかね。ボーッとできて、リフレッシュできます」と言う。現在は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からサウナも控えざるを得ない状況だが「早くまた入れるようになってくれれば」と“サ活”再開を心待ちにしている。

 阪神内にもサウナ愛好家は多い。一部ナインの間では「阪神サウナ部」なる私設サークルまで結成されているほどだったが、時節柄最近は活動休止状態に…。しかも“構成員”だった高野、福永が戦力外となり、部員は来季が3年目の斎藤だけになっていた。大物新人サウナーとしても佐藤輝にかかる期待は大きい!? 

【関連記事】