オリックス・中嶋聡新監督が所信表明「優勝を意識しないとダメ」

2020年11月12日 14時15分

オリ・中嶋聡新監督

 監督代行から正監督に就任したオリックスの中嶋聡監督(51)が12日、所信表明した。

 就任については「監督ですから覚悟がめちゃくちゃいる。どうやったら選手がうまくなるか、楽しい部分もあるけど、それが勝ちに直結すればいい。そこの難しさがある。正直、覚悟はできたのかな…」と自嘲気味。

 選手に対しては「思い続けるしかない。Aクラスだと思っていたらそこには届かない。優勝を本気で意識して目指さないとダメ。目指さなきゃ損するし、優勝という言葉を常に意識しないといけない」と力を込めた。

 最下位からの巻き返しが任されるだけに「基礎中の基礎、根本的なことからやっていきたい。いつか実を結んでくれたらと思うし、特効薬はあまりないと思っている。打撃の勝負強さ、投手なら1球の重みがまだまだ足りない。勝てるチームを目指したい。必要なもの? 全部です」と厳しい表情で話した。

 福良GMも「優勝を目指すしかない。そこしかないでしょう。補強は今から考えます」とサポートしていく考えだ。

【関連記事】