阪神・高橋遙が〝三度目の正直〟で巨人の絶対エース・菅野に投げ勝つ

2020年10月24日 18時55分

ピンチをしのいだ阪神・高橋遙人(右から二番目)

 阪神・高橋遙人投手が24日の巨人戦(東京ドーム)に先発登板し、6回4安打1失点の内容で5勝目。宿敵巨人の絶対エース・菅野との投げ合いを制した。

 高橋本人からすると「調子は決して良くなかった」そうだが、味方の好守にも助けられゲームをつくった。

「本来ならもっと長いイニングを投げたかった。菅野さんとは今季3度目の対戦。ゲームをつくることよりも大切なのは『勝つ』ということ。結果的に勝つことができてよかったです」


 孝行息子の奮投に矢野監督も「100%の力でなかったかもしれないが、その中で粘れたことは今後の引き出しになると思うし、今季の成長になると思う。自身にしてくれればいい」。度重なるコンディション不良に悩まされながらも着実な成長を見せる背番号29の姿を評価した。