ロッテ・藤原恭大がプロ初アーチ! 楽天・涌井から初回先頭打者弾

2020年10月14日 18時38分

プロ初アーチを放った藤原

 ついに出た。ロッテ・藤原恭大外野手(20)が14日の楽天戦(ZOZOマリン)でプロ初アーチを初回先頭打者初球本塁打で飾った。

 昨年3月29日の同カードでデビューしてから41打席目、藤原は通算143勝の相手先発・涌井が投じた143キロ直球を迷わず振りぬいた。打球はグングンと伸びてファンが待つ右翼席へ飛び込んだ。

 2年目の今季は開幕から二軍暮らし。今月に入ってチームが新型コロナ禍に見舞われ、特例2020代替選手として一軍に昇格したのは6日のことだったが、7日のオリックス戦(ZOZOマリン)から「1番・左翼」に定着。前日までの5試合でも18打数6安打、打率3割3分3厘と結果を出していた。