巨人・元木ヘッドが半沢化! 今季0勝3敗の阪神・西勇に「やられたらやり返す」宣告

2020年10月02日 22時21分

巨人・原監督(手前左)と元木ヘッド

 巨人が今季3敗目を喫した阪神・西勇に「やられたらやり返す」と聞き覚えのあるフレーズでリベンジを誓った。

 2日の阪神戦(甲子園)で巨人は西勇の前に8回1得点と攻略できずに1―4で敗れ、マジックは21のまま。西勇には今季4戦目で0勝3敗となった。

 試合後、原監督は「やっぱり立ち上がりをね、何とかというところでしょうね」と初回一死一、二塁での併殺を反省。「やられたらやり返さないとね」と口を真一文字に結んだ。

 またこの日、虫垂炎による離脱から一軍に復帰した元木ヘッドも「やられっぱなしになっている」と厳しい表情。「もうちょっと冷静にウチが戦わないと。なんかあの、よう(西勇が)喋ったりしているからさ。あれでやっぱり(巨人の)選手がカッカカッカしちゃうんじゃないの。マウンドで。リズムが合っていなかった」と右腕の〝つぶやき戦術〟にやられたと分析した。

 続けて同ヘッドは「(岡本)和真も今、踏ん張りどころじゃない? 目の前で打たれたりね」と本塁打王争いで阪神・大山に1本差に迫られた4番を引き合い出すと「やられたらやり返す、倍返しだ」と大ヒットドラマそのままのセリフでチームに奮起を促した。