連勝へ先制パンチ! 阪神・大山が10試合ぶりの12号3ラン

2020年08月22日 18時45分

初回に3ランを放った阪神・大山

 阪神・大山悠輔内野手(25)が22日のヤクルト戦(神宮)の初回、第1打席で先制の12号3ランを放った。

 二死一、二塁のチャンスで、来日初先発となるクックの2球目直球を一閃。打球は右中間フェンスをギリギリ越えた。8月10日DeNA戦(横浜)以来、10試合ぶりの一発となった。大山は「しっかり強く打つことができました。もっと援護できるように頑張ります」。

 チームは前日に連続無得点イニングを37で止めるとともに、10安打7得点で連敗を3でストップ。その勢いを持続させたいところでの大きな先制パンチとなった。