ソフトバンク 悩めるバレンティンが首位攻防の楽天6連戦で2度目のスタメン落ち

2020年08月09日 16時35分

調子が上がらないバレンティン(右)

 不振に陥っているソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(36)が、9日の楽天戦(楽天生命パーク)でスタメンから外れた。今カード2度目となった。

 現在の成績は打率1割8分8厘、8本塁打、21打点。実績抜群の大砲が苦しんでいる。工藤監督は「思った以上にインサイドを攻められすぎているというのがあって、それが尾を引いているのかなと思います。セ・リーグでは少なかったインサイド攻めがパ・リーグでは急に多くなるし、球威のある投手も多い」。

 その上で「慣れも必要なので、早く復調してほしい。打撃コーチにお任せしながら、とにかく明るくやっていこうと、暗く沈まないように声掛けしています」とエールを送った。