広島・堂林 もぐもぐタイムで巨大化に成功

2020年01月24日 16時30分

堂林の顔つきが変わってきた

 広島・堂林翔太内野手(28)が新スタイルで復活を狙っている。23日に今年初めてマツダスタジアムで自主トレを行い打撃練習やランニングなどで汗を流した。20日には志願して実現した鈴木誠也外野手(25)らと行っていた宮崎・串間での合同自主トレを打ち上げたが、収穫は大きく「頭が突っ込む大きな欠点があったので(誠也に)いろんなことを聞いて自分に何が合うかを考えた。後輩だがすごく心強かった」と打撃フォームの改造に着手。打撃時に軸足となる右足に体重を残すことで“間”を作り、確率アップにつなげるという。

 体にも進化がある。「周りの人から『大きくなった』と言われるんですが、自分でもそう感じる。栄養士さんが用意してくれたおにぎりなどの間食をしっかり取っていたので」と自主トレ期間中は帯同した栄養士の指導のもと、異例ともいえる“もぐもぐタイム”の導入で巨大化に成功した。もともと体重が減りやすい体質で必死に練習をすればするほど、線が細くなるのが悩みの種だっただけに猛練習しながらの巨大化は大きな収穫だ。

 オフ恒例の鹿児島・最福寺での護摩行でも「まだ気持ちが前にいっていないと言われて…」と例年1日1回のところを3日間で5回敢行するなど並々ならぬ覚悟を持って11年目のシーズンに臨む堂林。「2月1日からアピールしないといけない立場なので」。捲土重来の一年としたいところだ。