日本ハム 若手野手陣の打撃向上へ“近ちゃんゴルフ教室”望む声

2020年01月03日 18時08分

チーム内から“近ちゃんゴルフ教室”開講のラブコールを受けている近藤

“近ちゃん塾”開講へラブコールだ。昨季のパ・リーグで最高出塁率者賞に輝いた日本ハムの近藤健介外野手(26)にチーム内からある提案がなされた。

 チーム内では屈指のゴルフ名人として知られている近藤。昨年11月25日に行われた選手会のゴルフコンペでは優勝こそ逃したものの、前年の同大会では優勝を果たしており、実力は折り紙付きだ。自己ベストはグロス76と、野球だけではなくゴルフでも実績を残している。

 ゴルフと野球の技術的なつながりについても持論があり「打ち方というよりも、自分の思ったように体を動かさないといけない。ゴルフは止まった球ですし、そういう意味では野球は動いている球なので、その中でイメージに近い動きができれば」と力説。「あくまで自分の場合はですけどね」としたものの、理にかなった話であることは間違いない。

 これにはチーム内からも「一つの見方としてあり得る。昨季のイースタンではチーム打率が最下位に終わったことだし、若手野手のために近ちゃんのゴルフ教室が開講されれば何かプラスに働くのでは」と「近ちゃんゴルフ塾」開催に向けた提案も飛び出した。最多出塁率者賞の授賞式では「(来年は)チーム内からもっと(タイトルに)選ばれて優勝してここ(授賞式)に行きたいと思います」と話しており、先輩としての意欲も十分だ。若手野手人の打撃力向上への手腕に期待がかかる。