阪神ドリスが外国人セーブ球団記録更新「非常にうれしい」

2019年04月24日 22時52分

阪神のドリス

 阪神の守護神ラファエル・ドリス(31)が24日、DeNA戦(横浜)で4セーブ目をマーク。来日通算81セーブとなり、呉昇桓投手(現ロッキーズ)が持つ球団の外国人選手最多セーブ記録を更新した。

 球速150キロ台後半を連発してDeNA打線を封じ「来日したときはそんな偉大な記録を意識すらしなかったけど、近づくにつれて皆さんに声も掛けていただいた。こうして記録を超えられて非常にうれしい」と笑顔を見せた。

 今季、藤川らとのシ烈な争いを制して守護神を務める助っ人右腕は「自分の仕事に集中して一生懸命やっていきたい。ガンバリマース!」と意気込んだ。