松坂大輔氏『熱闘甲子園』初日放送にゲスト出演 「高校生の時は少しでも長い時間、映るようにと」

2022年08月05日 23時10分

「熱闘甲子園」にゲスト出演する松坂氏(©ABCテレビ)
「熱闘甲子園」にゲスト出演する松坂氏(©ABCテレビ)

 昨季限りでプロ野球生活に別れを告げた松坂大輔氏(41)が、6日に開幕する「第104回全国高校野球選手権大会」のダイジェスト番組「熱闘甲子園」(テレ朝系)の初日ゲストで出演することが分かった。番組を制作するABCテレビが5日、発表した。

 1998年に、横浜高校のエースとして春夏出場。夏の決勝では、史上2人目となるノーヒットノーランも達成し、甲子園春夏連覇を果たした松坂氏は「『熱闘甲子園』は(日本にいる時は)毎年観ていて、高校生の時は少しでも長い時間、映るようにと思っていました」と笑った。

 現役を引退し、取材者として甲子園に行くことについて「非常に楽しみにしています。そして、視聴者の方に少しでも『おー!』と思ってもらえるように、僕なりの目線で、僕自身感じたものを少しでも伝えて、番組作りのお手伝いをできればと思っています」とコメントした。

関連タグ: