中学野球日本一決めるジャイアンツカップ昨夏優勝投手・島野愛友利 女子野球の未来そして自身の夢

2019年11月08日 11時00分

制服姿でポーズを取る島野

【気になるアノ人を追跡調査!!野球探偵の備忘録】昨夏、中学硬式日本一を決めるジャイアンツカップで優勝を果たした大淀ボーイズ。歓喜の瞬間、東京ドームのマウンドに立っていたのはポニーテールをなびかせた女子選手だった。男子に交じり全国大会で優勝投手となった最強の女子エース・島野愛友利が女子野球へ舞台を移した現状と、将来へ抱くジレンマを明かした。

「いくら努力しても男子には勝てない。それだけに、もしも男だったらどこまで行けたんだろうと思うことはあります。でも、私は力がないのが分かっていたから工夫してここまで来れたので。男の子に生まれていたら、力任せで努力を怠る選手になっていたかもしれません」

 大阪桐蔭と履正社、高校野球界屈指の激戦区・大阪の双璧にそれぞれ進んだ2人の兄を追い、野球を始めたのは小学校2年のとき。最初は楽しくて仕方なかったと話す野球も、学年を追うごとに男子との差は歴然と開いていった。

「やっぱり力ではどうやってもかなわない。私には速い球を投げたり、打球を遠くまで飛ばすことはできないんだって落ち込みました。そんなときにメジャーで活躍する上原(浩治)選手を見て、速さだけじゃない投球術のヒントをもらった。力がダメなら、力以外の部分を徹底して伸ばしてみたらどうだろうと」

 きっぱりと打撃に見切りをつけ、投手に専念。変化球、配球、けん制やフィールディングなど、球速以外の練習を人一倍こなし、本格派の男子投手と二枚看板を形成するまでに成長を遂げた。中学3年時は春、夏と背番号は「1」。誰もが努力を認めていたからこそ、やっかみも女子扱いもなかった。迎えたジャイアンツカップでは2回戦で2失点、準決勝は3失点の完投勝利。二枚看板の相方が先発を任された決勝では2―0で迎えた最終回の7回に抑えとしてマウンドに上がった。

「打たれたら負けという感じが不思議としなかった。ピッチングは緊張でガチガチだったのに、頭の中ではマウンドが硬いなと冷静に考えてる自分もいて。優勝の瞬間は何も考えられない、今でも信じられないような感覚でした」

 先頭に四球を与え、その後も連打されて一死満塁。一打同点、逆転サヨナラもある土壇場で1―2―3の併殺を取り、東京ドームのマウンド上、仲間の手で3度宙を舞った。高校では規定により女子は公式戦に出場できないため、女子硬式野球部のある神戸弘陵に進学。1年から早くも主戦を任される期待の新人だ。女子野球ならではの難しさ、魅力を感じている一方で、将来は女子プロ野球の道に進むのかと問うと逡巡の思いも口にする。

「甲子園はやっぱり特別で、あこがれの場所。でも、物心ついたときから出られないもの、目指しちゃいけないものだと分かっていた。女子でも野球はできるけど、他のスポーツと違って男子の全国大会に並ぶ舞台というものが女子野球にはないんです。女子にとっての甲子園のような場所をつくりたくて、そのためにはもっと注目を集めて女子野球の人気を増やすしかない。それが130キロを投げることなのか、完全試合なのか、もう一度男子相手に挑戦することなのかは分かりませんが、今の私にはそれを実現できるだけの力がない。この先実力が伴えば、そういう選択肢も見えてくるかもしれません」

 男子に交じり、努力と実力でつかんだ優勝投手のマウンド。

 女子野球の未来、自身の夢の実現のため、葛藤と挑戦の日々は続いていく。

【ジャイアンツカップとは】全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップは1994年に巨人創設60周年を記念し第1回大会が開催された。日本野球連盟公認の全日本中学野球選手権大会として国内のリトルシニア、ボーイズ、ポニーリーグ、ヤングなど異なる組織の代表チームが日本一をかけて争う。中学硬式野球は統括団体が存在せず、複数の団体が独自ルールでリーグ戦を行っており、主要7リーグすべてが参加するジャイアンツカップは世代唯一の全国大会。いわば東京ドームを主戦場とした中学生にとっての“甲子園”という位置づけだ。

 過去には西武・内海、楽天・今江、巨人・岡本、中日・小笠原ら総勢60人を超えるプロ野球選手がこの大会で優秀な成績を収めて強豪校、その先のプロへと進んでおり、将来有望な中学生にとってプロ入りへの登竜門とされる。

 島野は2回戦でリトルシニア日本選手権4強の江戸川中央リトルシニアに2失点完投、準決勝では春全国8強の弘前聖愛リトルシニアに3失点完投勝利を挙げ、決勝では史上初の“女子胴上げ投手”となった。

☆しまの・あゆり 2004年2月20日生まれ、大阪府大阪市出身。堀江小2年時から軟式野球チーム・西ファイターズで野球を始める。堀江中では大淀ボーイズに所属、3年時にはエースとして硬式野球全国大会のジャイアンツカップで3試合に登板し優勝。神戸弘陵高校進学後は女子硬式野球部でエース、内野手としてプレーを続ける。163センチ。右投げ左打ち。