DDT25日の後楽園大会で、16人組ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE」の武知海青(26)が、プロレスデビューを果たした。

 武知はこの日、勝俣瞬馬、上野勇希と組んで遠藤哲哉、岡谷英樹、正田壮史組と対戦した。黒いガウンを着て入場すると、聖地・後楽園ホールはたちまち黄色い歓声に包まれ興奮のるつぼと化す。開始前に対戦相手に握手を求め遠藤と正田には応じられたが岡谷に拒否された。試合が始まると正田と押し合って引けを取らず。だが遠藤にチョップで攻められ胸板が赤く染まり、会場からは「やめてー!!」と悲鳴が上がった。

 その後、岡谷から標的にされて場外に蹴落とされるなどしたがエルボーで反撃し会場を大いに沸かせる。代わった遠藤もエルボーでヒザをつかせるとコーナー最上段から飛び付いてフランケンシュタイナーで吹っ飛ばし、さらにダイビングボディーアタックで舞うなどさすがの運動能力と適応力を発揮。試合は武知の活躍もあって自軍が試合を有利に進め、最後は上野が岡谷を月面水爆で沈めた。

 試合後、悔しげな岡谷ににらみつけられ、胸を突き飛ばされた武知。その後マイクを持ち「プロレス、最高だ!」と絶叫する。さらに「マジで本当にプロレスのリングに立たせていただいて、会場に来てくださるみなさんのパワーが僕らのパワーになりました」とファンに感謝の言葉を口にした。そして「今日はまだ出せてない技がたくさんあるので、機会があったらこの3人でもまた組みたいし、突き飛ばされたのであの赤髪(岡谷)ともう一発でも」と再参戦を希望する。その後も「楽しかった。またプロレスをやりたい思いが強くなりました。パフォーマーは自分との勝負というところがあるんですけど、プロレスは相手がいないと成立しない。そこの部分で新しいものを感じました」と目を輝かせつつ、継続参戦を見すえていた。