西武は12日、今季の「西武ブルーシリーズ」で着用する限定ユニホームを発表した。

 ベルーナドームで行われる4月19日から21日の楽天戦、7月19日から21日のソフトバンク戦、9月14日から16日のロッテ戦の9試合とイースタン・リーグ2試合の計11試合を「西武ブルーシリーズ」として選手、首脳陣が限定ユニホームを着用する。

〝ライオンズブルー〟をコンセプトに胸のロゴ、背番号、背ネーム、帽子からストッキングに伝統のブルーをあしらった限定仕様となっている。

 また、4月21日の楽天戦では一部の座席を除いた来場者全員に「西武ブルーユニホーム(非売品)」が配布される。

 この日、南郷スタジアムで発表会に登場した隅田知一郎投手は「僕はオールドスタイルで、このストッキングのラインがとても気に入っています。撮影の時に選手同士で話したんですけど、好評でした! このユニホームを着てベルーナドームで僕がたくさん勝ち星をあげて、〝優勝する獅かない〟の波に乗せたいと思います。伝説のシリーズにできるように頑張りたいと思います!」。

 佐藤隼輔投手も「帽子のマークも水色でとても攻めたデザインかと思いますし、白スパイクもいつもと違ってとても印象的です! このユニホームを着ている試合でも絶対に無失点に抑えられるように、そして全勝することが目標です」とコメントを寄せた。