全国都道府県対抗女子駅伝(14日、たけびしスタジアム京都発着=9区間42・195キロ)の2区(4キロ)で、岡山のドルーリー朱瑛里(津山高)は8人抜きの快走を見せた。

 前回大会の3区(3キロ)で区間新記録をマークし、今大会は昨年の世界選手権5000メートル8位入賞の田中希実(ニューバランス)と同じ2区で出走。憧れの選手との初対戦を前に「ずっと目標にしてきた選手と初めて走るということで、すごい今から楽しみ。一緒に走らせていただいて光栄。ワクワクしているというか、緊張もしていると思うけど、楽しんで走りたい」と語っていた。

 この日は田中と並走することはなかったが、27位にタスキを受けると、積極的な走りを披露。中盤は少しペースを落とすも、19位まで順位を上げた。区間5位の12分47秒の好タイムに、ファンからは「最後福岡抜いてるのすげえな」「ドルーリー選手これからもっと楽しみな選手だね」「まだ高1だから伸びしろは無限大」「ドルーリー、相変わらずきれいな走り」などの声が上がっている。