プロ初の規定投球回をクリアした阪神・伊藤将司投手(27)が10日、契約を更改し倍増の1億6000万円でサインした。3年目の今季は開幕ローテーションこそ故障で逃したが、1か月遅れで復帰すると、そこから3完投2完封と投手陣に欠かせぬ存在として君臨。10勝5敗、防御率2・39と虎投のなかでもピカ一の安定感を誇った。

「目標にしていた。やっと達成できた」と明かす規定投球回も、開幕時の出遅れをカバーし、自己最多の146回3分の2を投げ、見事に突破。「評価してもらったんだなって嬉しく思いました。おいしいご飯を食べたい」と笑顔を振りまき、増額分で得た自分へのご褒美は「お寿司」とまずは胃袋を満たしにいくという。

 入団時から先発ローテ入りし、プロ4年目で1億円の大台も突破。来季へむけ、さらなる飛躍を目指す27歳は「最多勝を獲れるように、そのなかで15勝できるように頑張っていきたい」と初のタイトル獲りも見据えていた。 (金額は推定)