WWEの〝ザ・ビースト〟ブロック・レスナーの娘が、父譲りの身体能力を発揮し話題となっている。

 米国メディア「ESPN」によると、レスナーの娘・マイア(21)は、コロラド州立大の陸上選手で、地元で行われた大会で18・50メートルの同大学新記録を更新した。2位以下に3メートル近く差をつける圧勝。これまでの学校記録は17・55メートルだった。

 マイアが力強く投げる様子はSNS上で話題に。雄たけびを上げ投げる姿に同メディアは「2002年のWWEデビュー戦で父親がスパイク・ダッドリーを叩きのめした姿に似ているかもしれない」と伝えた。

 容貌も似ており、ネット上では「ひと目で娘だと分かる」「100%彼の娘だ」と話題になっている。

 プロレス界からも熱い視線が注がれそうだ。