捕手として来季はさらなる進化を遂げる。広島の坂倉将吾捕手(25)が6日にマツダスタジアムで契約交渉を行い、3000万円増の年俸1億2500万円で更改した。昨年は主に三塁手を務めていたが、今季から捕手に専念していた。

 高卒野手の8年目での1億円突破は球団では前田智徳氏(高卒6年目)、鈴木誠也(同7年目=現カブス)に次いで3番目。坂倉は「なんだかんだ7年が終わったので、ここまでこられて良かったなと。ホッとした気持ちになっている」と話した。

 今季は120試合で打率2割6分6厘、12本塁打、44打点。来季は西川がオリックスに移籍することもあり、坂倉にかかる期待も大きくなる。それだけに「主軸として期待されているので、その一人として高い数字を残さないといけない」と使命感も口にした。

 そんな坂倉が来季の目標とするのは「捕手で120試合に先発出場すること」だ。「もちろん143試合に出る準備をするし、出たい思いもある」とした上で「今年は102試合(に捕手で先発出場)だったので、来年は120試合で出たい」と意欲をみせた。

 また打者として来季、追い求めていくのは打点だ。「打順的にも打点はすごく求められるところだと思う。得点圏打率より打点を重視して。(捕手で)1点を守る側の人間でもあるので、1点に執着を持って。そこの1点は大事にしてやりたいと思う」。攻守の要を担う男の活躍がチームの浮沈のカギを握りそうだ。(金額はすべて推定)