新日本プロレス21日の横浜アリーナ大会でノアのGHCヘビー級王者・清宮海斗(26)と大乱闘を繰り広げたIWGP世界ヘビー級王者オカダ・カズチカ(35)が〝終戦宣言〟を繰り出した。

 両団体による対抗戦が行われた同大会で、オカダは真壁刀義と組んで清宮、稲村愛輝組と対戦した。稲村をグラウンドで捕獲していたところで、背後から清宮の顔面蹴りを浴びると額から出血。互いにエキサイトした両者が試合そっちのけで壮絶な乱闘を展開し、ノーコンテスト裁定が下された。

 試合後のオカダは「撮ってんじゃねえ!」とカメラマンを怒鳴りつけると、パーテーションを蹴飛ばして控室へ。コメントスペースには姿を現さなかった。

 しかし、大会終了後には取材に応じ、試合が不成立となったことについて反省の弁を述べた。

「自分の情けなさというか、ついカッとなってしまったというか…。ちゃんとプロレスをするのが王者の務めだったのが、ちょっと恥ずかしいところを見せてしまったなという感じですね。自分が嫌いな、一番してはいけないことをしてしまったなと」と自らを戒めた。

 一方で清宮に対しては辛らつな言葉を羅列した。試合後にはシングルマッチを要求されたが、オカダはこれを拒絶。「同じ目線じゃないし、偉そうなこと言わないでねって。二度と俺の前に姿を出さないでねっていうような感じですかね」とバッサリ。

 試合後は「ビビってんのか?」と挑発を受けていたが「僕が『逃げてる』と思う人がどれくらいいるかって感じですよね。逃げるほどじゃないというか、追いかけて来いっていう、お前が。これで興味ゼロになったというか、どうでもよくなりました」と斬り捨てた。

 業界最高峰王座を保持しており、昨年は歴代単独2位となる5度目のプロレス大賞MVPを受賞した。オカダとシングルマッチで戦いたい人間は、新日本内にも山ほどいる。

「俺、そんなに安くないですよ。オカダがキレましたでシングルやりましょうというレベルじゃなく。これでできたら、熱くなったら戦えるんだって(なる)。みんな顔面蹴りにきますし、それもおかしなことになると思いますし。何年かたって、機運が高まった時にやればいいんじゃないですか」と〝邪道〟な対戦表明を却下した。

 2月11日大阪大会では鷹木信悟とのV1戦も控えているだけに「次、鷹木さん決まってますし、目を向けるヒマもないというか、忙しいんですよ。俺。本当にもう、ノアとの絡みはいいやって感じですね。清宮君とやるぐらいだったら、新日本を盛り上げたい。メリットがないじゃないですか、何も」と言い切った。

 昨年の対抗戦ではタッグマッチで清宮に完勝し、号泣する相手を怒鳴りつけた。王者同士で迎えた再戦は、まったく違った形で大きなインパクトを残す結果となった。オカダは「成長は認めますよ。どんな形であれ、去年とは違うじゃないですか。なんなら、あのシーンが今日のハイライトだったかもしれないですし」としつつも「それはそれでいいですけど、まだまだだよ。もういいかなって。逃げてると言われても、何を言われてもいい。対抗戦がもういいやって。団体としてのレベルも違うし、2年やったし、もういいでしょって感じですね」と最後まで厳しい表情を崩さなかった。