【卓球】伊藤美誠の日韓戦における照明問題が韓国で大波紋

2021年08月03日 16時10分

伊藤美誠

 卓球女子シングルス準々決勝での日韓戦における〝照明問題〟が韓国で波紋を広げている。

 事の発端は、7月28日に行われた日本の伊藤美誠(20=スターツ)と韓国の田志希(チョン・ジヒ=28)による一戦。試合は4―0で伊藤が快勝したが、試合中に伊藤がテレビカメラの照明を指さして審判に訴え、その後審判から指示を受けて中継スタッフがライトを消す一幕があった。

 この場面を巡って、日本のファンから中継クルーの画像がネット上に投稿されて、韓国人スタッフによる伊藤への妨害説が流れた。こうした事態が韓国で大きな議論を呼んでおり、韓国メディア「ノーカットニュース」は一連の騒動の様子と、韓国人スタッフとの指摘は〝冤罪〟との主張を展開した。

「日本の選手が試合中に中継カメラに向かって光を止めてほしいと要請すると、この姿を見た日本のネット民たちは『韓国放送局の汚い行動だ』と疑惑を提起した。しかしカメラの照明をオンにした関係者は、韓国人ではないことが明らかになった」と報道。

 同メディアは、ネット上の意見を引用しながら、卓球の試合の中継はOBS(オリンピック放送委員会)が担当しており、韓国の放送局スタッフは試合会場の中継エリアに入っていないと主張。また、投稿されている中継スタッフの画像を解析したところ、渦中の中継カメラスタッフの大会パスには「太極旗ではなく、日の丸のように見える」と〝犯人〟は日本人スタッフだと指摘した。

 試合は終わったが、卓球の日韓戦で起きた騒動は尾を引きそうだ。

関連タグ: