〝不倫スイマー〟瀬戸大也がさらなる窮地!ANAに続いて五輪シンボルアスリートも返上へ 

2020年09月30日 15時57分

大ピンチの瀬戸大也

 競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26=ANA)の不倫騒動が波紋を広げる中、所属するANAが30日、ついに瀬戸サイドへ契約解除を申し出た。

ANAの広報は本紙の取材に対し「先程、ANAとしてスポンサー契約の解除の判断を本人を申し入れ、水泳連盟にもご報告いたしました」とコメント。続けて「これまで瀬戸選手がアスリートとして努力する姿勢をサポートしてまいりましたが、今回の事案は当社のイメージにふさわしくなく決断に至りました」とした。その後、双方の間で合意に至った。

 これだけでは終わらない。瀬戸は日本オリンピック委員会(JOC)のシンボルアスリートとして、五輪ムーブメント推進事業やマーケティング活動に協力していた。不倫が報じられた当初、JOCへの報告はなかったが、このほど日本水連を通じて辞退の報告があったという。
 
 JOC関係者は「本日30日にシンボルアスリートを辞退する申し出があり、JOCとしてもそれを受理する形となりました。今後は解約に向けた手続きを行っていきます」とした。

 瀬戸をめぐっては「週刊新潮」で美人CAとの不倫疑惑が報じられ、10月1日発売の同誌でも続報が掲載される。

 日本のエースが存在感が日に日に失われつつある。