駒大アンカーわいせつ逮捕に二重の衝撃 箱根駅伝直前に「出会い系アプリ」「コロナ無視」

2021年05月19日 18時17分

優勝に泥を塗った…
優勝に泥を塗った…

 箱根駅伝優勝校にまさかの汚点…。神奈川県警は19日、今年の箱根駅伝で総合優勝を果たした駒沢大学で、アンカーとして大逆転勝利を手繰り寄せた同大陸上部の石川拓慎容疑者(21)を、神奈川県の青少年保護育成条例違反で逮捕した。

 警察によると、石川容疑者は昨年10月に駒沢大学の寮でマッチングアプリを使用して、当時、神奈川の県立高校2年生だった17歳の少女と知り合った。その後、少なくとも昨年12月20日と今年1月17日に、神奈川県川崎市と東京都世田谷区のラブホテルに少女を連れ込んで、わいせつな行為をした疑いがある。

 石川容疑者は調べに対し、「少女が高校に通っていることは知っていたが18歳だと思った。相手からも18歳だと聞いていた」と供述。さらに「交際をしていた」とも話しているという。

 石川容疑者は今年の箱根駅伝で最終10区を走り、タスキを受けた時点でトップの創価大学と3分19秒あった大差を大逆転して総合優勝を勝ち取った立役者。それだけにネットでは「石川くんの逮捕は悲しすぎる…」「箱根で親を喜ばせておいて、今度は泣かせるって最悪」など、驚きと怒りの声が上がった。

 しかし、大切な箱根駅伝の本番直前に寮を抜け出して少女にわいせつな行為をしていたとは驚きだ。ある陸上関係者は「長距離ランナーにとって、大会直前は本当に大切な調整期間。監督も大会から逆算して一人ひとりの体調をチェックしながら練習メニューを決める。12月20日ともなれば最終調整で練習は軽くなっても遊ぶヒマなどないはず」と、首をかしげる。

 一方で、こんな声もある。

「近年は大学駅伝選手の女性ファン『エキジョ』が増えています。AKB48じゃないですが〝会いに行けるアイドル〟的な存在で、人気選手には多くのエキジョがいるんです。なかにはファンレターと称してLINEのIDを渡し、返信があった選手と会ったり、飲み会を開いたという話も聞きますね」(20代のエキジョ)

 石川容疑者が少女にわいせつ行為をした昨年12月20日は、都内を中心に新型コロナの感染者が爆発的に増え出していたころ。万が一、少女との接触で新型コロナに感染していたら、箱根駅伝どころでなくなっていたのは明白。それだけに21歳の大人としても、箱根駅伝チームの一員としても自覚に欠ける行動だったのは間違いない。

関連タグ:

ピックアップ