皇室系ユーチューバーが参院選出馬へ 契機は小室圭さん問題「皇室離れを助長した」

2022年05月17日 11時30分

横浜・桜木町駅前で街頭演説活動する「くぼた京」氏-(東スポWeb)
横浜・桜木町駅前で街頭演説活動する「くぼた京」氏-(東スポWeb)

 小室圭さんを巡る騒動から、ついに参院選の立候補予定者が出現した。皇室系ユーチューバーで「女性天皇と共に明るい日本を実現する会」のくぼた京代表(45)が、今夏の参院選への挑戦を表明したのだ。京氏は昨年、小室さんと秋篠宮家の長女眞子さんの結婚反対デモを行い、海外メディアからも注目された人物。皇室の存続を願い、天皇、皇后両陛下の長女愛子さまの天皇誕生へ向けた皇室典範の改正を公約に掲げる京氏に話を聞いた。

 ――皇室問題をテーマに参院選出馬を目指す

 京氏 2年にわたって活動してきたが、皇室を取り巻く状況は変わっていない。政治家そのものが耳を傾けない。各政党に尋ねたが、自民党の窓口は『国民が皇室の方々に意見するのは恐れ多い』との回答でした。皇室典範の改正には政治家を目指すしかなく、仲間を増やし、今の主要政党に勝っていかないといけない。

 ――なぜ皇室典範の改正が必要か

 京氏 皇室の伝統と歴史を軽んじている。歴代8人の女性天皇が存在した伝統があるのに、認められていない。この事実を認めたうえで、男系維持なのか女系に道を開くのかの議論をしていかなければいけない。現状は女性天皇、女系・男系の議論を先送りして、一時的に皇族数を増やす案だけなのはおかしい。これでは安定的な皇位継承にはつながらないし、国の考え方自体が、とても皇室の存続を求めているとは思えない。

 ――活動のきっかけは、小室さんと眞子さんの結婚反対。小室さんの司法試験不合格で、まだ騒動は尾を引いている

 京氏 警備費という形で、皇族費が流用されているのがいまだに続き、国民の皇室離れを助長している。日本にとって皇室は大事なもの。存在して当たり前だが、にもかかわらず次代の宮家を守る方々が何の危機感も覚えていないのは、明らかに自覚に欠ける。

 ――各世論調査でも、愛子さまの天皇待望論の声は多い

 京氏 今後の皇室を守っていく方として、愛子さまがふさわしいと思っている。その環境をつくってもらいたい。

 ――参院選は10人擁立し、比例区からの立候補か

 京氏 仲間と出たい思いはあるが正直、かなり厳しい。5月いっぱいは(賛同者を募るために)戦っていきたいが、そのうえで、10人で戦えないなら私1人でも出たい。

 ――選挙区は

 京氏 これまで皇室問題はあまり気にされていない方が多かったが、小室さんの問題でこのままではいけないと気づいた方が多い。支援者や活動をしていく中で、一番反応が良いのは横浜。小室さんの地元なので、特に関心が高い方が多い印象です。まだ最終決定していないが、来月には決めたいと思います。

☆くぼた・けい 本名・久保田貞雄。1977年、宮崎県生まれ。2020年にユーチューブチャンネルを開設。翌21年に皇室ニュースを取り上げる「KEI Channel」に名称変更。小室圭さん、眞子さんの結婚反対デモを行い、CNNやロイター通信に取り上げられる。愛子さまのご成年祝賀パレードを開催した同年12月、チャンネル名を「KEI Channel 皇室『国民』会議」に変更した。

関連タグ: