ビリャレアル・久保建英がEL次戦再びスタメン起用か エメリ監督の評価上昇

2020年11月04日 18時16分

久保(ロイター)

 スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、欧州リーグ(EL)で再びスタメン起用されそうだ。

 2日に行われたスペインリーグのバリャドリード戦では4試合ぶりにベンチスタートとなった久保だが、5日に予定されるEL1次リーグのマカビ・テルアビブ(イスラエル)戦では先発で起用される公算が高まっている。

 スペイン紙「アス」は久保が3トップの一角で先発メンバーに入ると予想。これまで右サイドで激しいレギュラー争いを繰り広げてきたナイジェリア代表MFサミュエル・チュクウェゼ(21)と共存させる形で、久保を左サイドで起用するとの見通しを示した。

 久保は自身初の欧州の舞台となる今季のELで、22日のシワススポル(トルコ)戦で1ゴール2アシストと鮮烈デビューを飾り、続く29日のカラバフ(アゼルバイジャン)戦でも先発出場して攻撃陣をけん引。ウナイ・エメリ監督(49)からの評価を上げた。

 好調の舞台で〝ELキラー〟ぶりを発揮して、レギュラー奪取へ猛アピールなるか注目が集まる。