FC東京がACL本戦へ セレス・ネグロスに2―0快勝

2020年01月28日 21時05分

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフが28日、東京スタジアムで行われ、FC東京がセレス・ネグロス(フィリピン)を2―0で下し、本戦出場を決めた。

 ピッチ上にある多数の水たまりの影響で、前半は格下相手に決め手を欠いた。3分にFW原大智(20)がクロスを合わせたが、枠を捉えることはできない。15分には、DF東慶悟(29)が左足でシュートを放ったものの、セレスのGKローランド・ミュラー(31)のファインセーブに阻まれた。その後もチャンスは演出するが、要所でボールが止まるなど運にも見放され、無得点のまま前半を折り返した。

 雰囲気を変えたのはDF室屋成(25)だった。後半3分、右足で値千金の先制ゴール。19分には、MFアダイウトン(29)がゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定。2点目とはならなかったが、流れは完全にFC東京へ傾いた。34分に原がレッドカードで退場するアクシデントに見舞われたが、44分にアダイウトンが決めて試合を決定づけた。