中田英寿をスネさせた「茂庭事件」 06年ドイツW杯惨敗の原因に?

2020年10月21日 16時00分

ドイツW杯オーストラリア戦で中田(左)に指示を出すジーコ監督(切り込み写真は茂庭)

【多事蹴論(6)】2006年ドイツW杯に臨んだ日本代表は「史上最強」と言われながらも1次リーグを1分け2敗で敗退した。現役時代に“サッカーの神様”と呼ばれた元ブラジル代表10番のジーコ監督をもってしても決勝トーナメント進出はかなわなかったが、当時のチーム内では様々な惨敗の原因が指摘されていた。

 その一つがW杯開幕前、ドイツ・ボンでの合宿中に起きた“事件”と言われている。キッカケはDF田中誠が左ハムストリングの肉離れで代表を離脱したことだ。このアクシデントにジーコ監督はDF茂庭照幸を追加招集。ハワイで休暇中だった茂庭は、わずか1日の滞在でオフを切り上げて日本代表に緊急合流したが、その初日だった。

 チームスタッフらによると、宿舎入りした茂庭はディナータイムの食事会場でイレブンと久しぶりに対面。もともと明るいキャラクターと軽妙なトークが持ち味とあってチームメートも茂庭のテーブルに集結し、談笑するなど、大盛り上がりを見せた。だが、ふと気が付くと、日本の大黒柱で絶対エースのMF中田英寿が少し離れたテーブルで1人、つまらなそうな表情で食事をしていたという。

 これには、バカ騒ぎしていたイレブンも一気に気まずい雰囲気に。とりあえず「ヒデさん、こっちでみんなと一緒に食べましょうよ」と声を掛けるも、中田は「別にいいよ」と拒否。何度も誘うものの、表情は硬いままで明らかにふてくされた表情だった。特にエースの気分を害したのは、茂庭を中心に盛り上がるチームメートらがいた場所。そして、合流した茂庭が食事会で陣取った位置こそ、もともと中田が“指定席”としていたところだった。

 日本代表の食事は基本的にビュッフェ形式。当時は自由に好きなメニューを取り分け、席もフリーで合宿が長期間に及ぶと、自然に選手たちの定位置が決まってくるという。中田も合宿初日から同じ場所でチームメートと談笑しながら食事を楽しんでいた。しかし、そこに代表のチームの事情をまったく知らない茂庭が合流。エースの居場所を奪ってしまったばかりか、いつも同じテーブルで、ともにワイワイ騒いでいたメンバーごと“強奪”されてしまったことに、大エースはスネてしまったわけだ。

 その後も、食事会場ではしばらくの間、気まずいムードが漂っていたという。

 この“トラブル”がキッカケとなり、中田とメンバーの間にわずかな溝が生まれたというわけだ。W杯後、日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(当時)は「中田はほかの選手とうまくコミュニケーションが取れていなかった」と話したように「史上最強」と呼ばれた日本代表が一丸になれなかった原因とみる関係者は少なくない。