「何とかならないですか」カズが田嶋会長に直電! 関東第一の〝コロナ辞退〟で

2022年01月11日 16時42分

三浦知良(東スポWeb)
三浦知良(東スポWeb)

 全国高校サッカー選手権で関東一(東京B)が新型コロナウイルス感染者が出たことで準決勝を辞退した問題で、JFL鈴鹿への入団が決まったカズこと元日本代表FW三浦知良(54)が日本サッカー協会の田嶋幸三会長(64)に〝直電〟で同校の出場を直訴していた。

 11日にオンラインで取材に応じた田嶋会長は、この日鈴鹿への期限付き移籍を発表したカズについて言及。「関東一高に関しても一番カズが心配して、まず情報をくれた。カズの気持ちを伝えてくれた。『関東一なんとかならないですか』と連絡が来た。それくらい彼は日本のサッカー界すべてのことを心配してくれている」と明かした。

 そうしたカズのサッカーに対する情熱を田嶋会長は称賛。「一番サッカーを愛している男なのはみなさんご承知のとおり。今回鈴鹿に行くということで、あの年でしっかりと現役を続けていきたいという執念、彼のサッカーに対する愛をピッチの上、ピッチ以外でも感じていて頑張ってほしいという気持ち」とエール。最近ホテルのロビーで偶然顔を合わせる機会もあったそうで、その際にも「(昨年11月の食事会で)森保監督を激励してくれたと聞いてありがとうと話した」と会話を交わしたという。

 カズの並々ならぬサッカー愛が、今季は鈴鹿で爆発するか注目が集まる。

関連タグ: