柏・瀬川祐輔 大逆転ACL出場へ望み捨てず「4試合全勝するのがマスト」

2020年12月07日 11時29分

オンライン取材に応じた瀬川

 奇跡を信じて――。柏イレブンに下を向いている暇はなさそうだ。

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権内のリーグ3位以内入りを目標に掲げていたが、5日の名古屋戦(三協F柏)に0―1で敗戦。残り4試合で3位名古屋との勝ち点差は12に広がり、ネルシーニョ監督(70)は「一人一人がやることをやらないと勝てない」と苦言を呈していた。

 FW瀬川祐輔(26)は、7日のオンライン取材で「相手の強みを消して自分たちの良さを出すのがチームカラーだと思うが、監督も言っているように正しく走って守備をしないと自分たちの良さは出ない。そこに関してはどこが相手でも同じなので、名古屋戦の教訓を次に生かすことが大事」と猛省。9日の大分戦(三協F柏)に向けては「他力だが、ギリギリまだ(ACL出場権内入りの)可能性はあるので、僕らは4試合全勝するのがマストだし、そこは変わらない」と決意を新たにした。

 また、来年1月4日にルヴァンカップ決勝(対FC東京、国立)を控えていることから「そこに向けてのコンディションやチームとしてのレベルも残りの4試合で上げていくべきだと思う」と気合は十分。まだまだ闘志は衰えていない。