J1鳥栖で複数のコロナ陽性者 クラスターの疑いも 同日のルヴァンカップ広島戦は中止

2020年08月12日 15時34分

 Jリーグは12日、J1鳥栖で新型コロナウイルス感染の陽性判定者が複数名出たため同日午後7時開始予定のルヴァンカップ1次リーグ広島戦(Eスタ)の中止を発表した。

 鳥栖では11日に金明輝監督(39)の感染が判明。その後クラブで独自に89人の検査を実施したところ、この日になって選手やスタッフ数人に陽性判定が出たため、Jリーグと協議のうえで緊急で中止が決まった。

 Jリーグは「サガン鳥栖にて新型コロナウイルス感染症の検査で、新たに複数名に対し『陽性』または『陽性の可能性が高い』との診断及び検査結果が出たことを受け、感染拡大防止のため試合中止を決定しました」と発表。

 これからPCR検査の結果が確定するが、感染者の広がり次第ではクラスターとなる可能性もあり懸念が高まっている。