Jリーグ公式戦延期 2連勝中の浦和は複雑な心境

2020年02月26日 16時40分

複雑な心境を語った槙野

 Jリーグ公式戦が延期になったことで、復活を目指す浦和イレブンが複雑な心境を語った。

 昨季J114位に沈んだ浦和は、今季公式戦2試合で8得点をマークして2連勝と好発進したところ。U―23日本代表DF橋岡大樹(20)は「2試合連続で勝っていて、すごくいい波に乗っているけど、それで次の試合が延期という話になってしまったのは少し残念なところ」と唇をかんだ。

 ただ、約3週間の調整期間ができたとも言える。昨年10月に負傷し、別メニューで練習を続けていた元日本代表FW武藤雄樹(31)が22日の練習試合に出場して、順調な回復ぶりを見せている。武藤が復帰すれば攻撃陣の厚みが増すからこそ、今回の中断がチームに大きなプラスとなる可能性もある。日本代表DF槙野智章(32)も「ケガ人が戻ってきたりとか、もう一回トレーニングで見つめ直すだとか、そういう時間に充てられる」と前向きに捉えた。勢いに水を差された形となったが、“空白の時間”が浦和のチーム力を高めそうだ。