プロレス大賞女子プロレス大賞 スターダム・岩谷麻優「東京ドームで防衛戦やりたい」

2020年01月11日 16時30分

岩谷は2020年の飛躍を誓ってジャンプ!

【特別連載・選ばれし者の誓い(3)】女子プロレス新時代を築けるか。東京スポーツ新聞社制定「2019年度プロレス大賞」受賞者が20年のビジョンを語る特別連載「選ばれし者の誓い」第3回はスターダムのアイコン・岩谷麻優(26)の登場だ。女子プロレス大賞を初受賞した新女王は今年、多忙を極めた昨年を超える活躍を宣言。保持する“赤いベルト”ことワールド・オブ・スターダム王座の長期政権樹立と、東京ドームでの防衛戦実現をぶち上げた。

 ――昨年は多忙だった

 岩谷 ホント、濃くて長くて、やっと終わったなっていう1年でした。忙しすぎました(笑い)。海外も11回行って。(4月から)1か月の欠場はありましたけど、その間もアーティスト(6人タッグ王座)の防衛戦とかスポットで試合しましたからね…。「なんで岩谷が女子プロ大賞なんだよ」っていう人がいますけど、そういう人には「私の1年のスケジュールを見てくれ」って言いたいです(笑い)。「こんなに頑張ったんだぞ」アピールをしたい!

 ――今年はどんな年にしたいか

 岩谷 去年より充実させたいです。去年は忙しすぎたし、体力的にしんどい時期もありましたけど、同時に「頑張ったなー」って思えた年でもありました。だからこそ、今年はさらに。去年4月に(米ニューヨークの)マジソンスクエア・ガーデンで試合をして、今年1月(4日)に(新日本プロレスの)東京ドームに出て経験値がすごい上がってきている。今年はさらに上にいけるように、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

 ――具体的な目標は

 岩谷 今回は東京ドーム大会に出たといっても第0試合(ダークマッチ)だったので、来年は本戦の出場を目標にしたいです。本戦で赤いベルトのタイトルマッチをしたいです。あわよくばスターダムで東京ドーム大会をやるのが目標ですけど、1年でそこまでいけるかって言われたら「うーん…」って感じなので。

 ――その目標をかなえるにはベルトを守り続ける必要がある

 岩谷 はい! 今、赤いベルトの最多防衛記録(14回)は(紫雷)イオさんなので、そこを超えなきゃなって思います。1年間持ち続けて、ドームで防衛戦っていうのが一番ですね。でも1年間かあ…かなりきつそうですね。

 ――赤いベルトはやはり特別か

 岩谷 他のベルトは楽しめたんですけど、赤いベルトは特別で重みが違うんですよ。これが「ベルトの価値」っていうことなのかなあ…。今まで持っていた人たちが価値をどんどん上げていって、すごい重たくなってるんです。これを背負っても楽しめる度量を身につけられたらなあって思うんですよね。

 ――なるほど

 岩谷 だから体力的に疲れるとかじゃなくて「ベルトを守らなきゃ」っていうプレッシャーがあって。挑戦者の時は自分のタイミングだったけど、防衛戦はそうはいかないし。でも逆に、だからこそたくさん学んで成長していけるんじゃないかって、自分で自分に期待もしています。

 ――また大変な1年になりそうだ

 岩谷 今年は去年よりもっと忙しい1年に。海外にも13回くらい行けるように頑張ります!