【新日本】王座陥落のオカダは2・2タイチと再起戦

2020年01月09日 16時30分

 新日本プロレス2月9日大阪城ホール大会で、IWGP・USヘビー級王者ジョン・モクスリー(34)と鈴木みのる(51)のV2戦が決定。IWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロム(30)は、初防衛戦でリュウ・リーを迎え撃つ。

 また2月1日の北海きたえーる(札幌市)大会ではNEVER無差別級王者の後藤洋央紀(40)が鷹木信悟(37)とのV1戦に臨む他、翌2日の札幌大会ではIWGPヘビー級王座から陥落したオカダ・カズチカ(32)が、新日プロデビュー戦(2008年4月)の相手であるタイチ(39)と一騎打ちする。