【全日本】諏訪魔が悪魔のささやきで〝極悪専務〟に「これが俺の選んだ道だ」

2022年05月26日 06時15分

悪に染まった諏訪魔は赤髪姿で大暴れした。左は歳三(東スポWeb)
悪に染まった諏訪魔は赤髪姿で大暴れした。左は歳三(東スポWeb)

 全日本プロレスの〝暴走専務〟こと諏訪魔(45)が、極悪軍団「ブードゥー・マーダーズ(VM)」からの悪魔のささやきに再び呼応した。

 ジェイク・リーとのシングルが組まれていた25日の神奈川・保土ヶ谷大会では、3月21日大田区大会に続き赤髪姿で登場。VMの歳三とリングに上がるや、2人がかりで襲いかかった。

 悪に染まった諏訪魔は一方的に痛めつけ、歳三から受け取ったパイプイスで攻撃。さらにレフェリーに暴行を加えたところで反則負けとなった。

 先日はVMの総帥・TARUから「大田区のお前が一番、諏訪魔らしかったぞ」と呼びかけられており、その答えがこの日の姿だったようだ。

 諏訪魔は「これが俺の選んだ道だ。文句があるヤツは言ってこい。ぶっ潰してやる。本当のヒールってもんを俺がやってやる」と高ぶる感情を抑えきれない様子だった。

 29日の東京・後楽園ホール大会はエボリューション(諏訪魔&佐藤光留&田村男児)とVM(TARU&KONO&稔)の6人タッグ戦が決まっている。先日はエボリューション3人が一致団結をアピールしていたものの、諏訪魔は「そんなもんやっていない。全く記憶にない」の一点張り。裏切られた格好の田村は号泣し、佐藤は「カード変えろよ」と大激怒だ。このまま〝極悪専務〟になってしまうのか。

関連タグ: