【全日本】3冠王者の諏訪魔がコロナ陽性で王座を返上 26日大田区大会のV8戦は消滅

2021年06月20日 12時41分

王座を返上した諏訪魔

 全日本プロレスは20日、所属の3冠ヘビー級王者・諏訪魔(44)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 26日の東京・大田区総合体育館大会では「チャンピオン・カーニバル」を制したジェイク・リー(32)との8度目の防衛戦を控えていたが、王座返上により同王座戦は消滅した。

 諏訪魔は18日に体調不良を訴え、19日の富山大会を欠場。抗原検査は陰性だったが、PCR検査を受けた結果、19日に陽性と判定された。

 なお保健所と連携を進めた結果、所属選手並びに職員、大会関係者は濃厚接触者とは認定されなかったという。

 諏訪魔は20日の松本大会、26日の大田区大会を欠場する。本人から3冠ベルトを返上したいとの申し出があり、ベルトを管轄するPWF本部も了承した。

関連タグ: