アントニオ猪木 ブルーレイBOXが29日発売 「また皆さんの前で元気を送る事ができるように」

2021年09月28日 06時00分

初のブルーレイ化だ
初のブルーレイ化だ

〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(78)の戦いの歴史を収録した「「アントニオ猪木デビュー60周年記念Blu―ray BOX」(税込み19800円)が29日に発売される。

 1960年9月30日のデビューから60周年を迎え、メモリアルイヤー最後の日に発売されるのは猪木史上初のブルーレイ作品だ。ディスク4枚組のうち、3枚には猪木氏が自ら選んだ歴史的名勝負26試合を収録。『魂の咆哮』ディスクでは「いつ何時、何処でも、誰の挑戦でも受ける」「出る前に負ける事を考える馬鹿いるかよ!」などの名言、語録の生まれた瞬間が初公開の映像を加えて収録されており、激動の新日本プロレスの1970年~2000年代を試合映像も交えて時系列で振り返ることができる。

 さらに全メディア初公開となる、亡き夫人との秘蔵プライベート映像や、愛弟子・藤原喜明との居酒屋トークなど貴重なシーンも多数入っている。

 現在闘病中の猪木氏も発売に際し「元気ですかーッ! 猪木デビュー60周年ということで、色々な物が発売されていますが、ブルーレイBOXも発売となります。このブルーレイを観て、皆さんが元気になってもらえたら嬉しいです。私も日々戦いです。リハビリを頑張って、また皆さんの前で元気を送る事ができるようになります! それまではこのブルーレイBOXを楽しんでください!! ありがとー!!」とコメントを寄せた。

 ※東京スポーツでは、同ブルーレイBOXの読者プレゼント企画(2名)を開催します。詳しい応募方法は、28日発売の東京スポーツをご覧ください。

関連タグ:

ピックアップ