• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【長州興行】長州力が“再引退”を表明「リングに上がるのが怖くなった」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【長州興行】長州力が“再引退”を表明「リングに上がるのが怖くなった」


秋山の強烈なニーを浴びる長州(右)

“革命戦士”長州力(66)のプロデュース興行「POWER HALL」第2弾大会が10日、東京・後楽園ホールで開催され、メインの6人タッグ戦で長州は専修大レスリング部の後輩で全日本プロレス社長の秋山準(48)と初対決。ランニングニーを浴びるとまさかの3カウントを喫して、試合後は来年限りでの引退を表明した。

 長州は関本大介(37)、ヨシタツ(40)を、秋山は橋本大地(26)、黒潮“イケメン”二郎(25)を率いてリングに上がった。ゴングと同時に秋山とロックアップした長州はエルボーにもひるまず、正面から豪快なタックルを見せる。執拗なイケメンの挑発をかわすと、自軍でコーナーで太鼓の乱れ打ちを連発して場内を沸かせた。

 しかし16分過ぎ、秋山にラリアートからサソリ固めを仕掛けた後にまさかの光景が訪れた。秋山の強烈なニー連打を浴びて、ロープ際で大の字に。ロープエスケープするかと思われたが、そのまま3カウントを聞いたのだ。

 前回(1月14日、後楽園)に続いて超満員札止めを記録した1526人の大観衆も声を失うエンディング。革命戦士は黙ってリングを下りたが、控室前ではさらに予想外の展開が待っていた。

「試合に向けてトレーニングするのがもうしんどい。古傷もつらくなっている。リングに上がるのが怖くなった。(正式な)発表はしないけれど、来年は少しのオファーが残っているのでそれを終えたら、もう十分」と来年での“再引退”を表明したのだ。

 さらに「(相手を)抱えるのがもうしんどい。小さい相手でも上がらなくなった。それは今年初めから痛感していた。このままナメてかかってたら何かが起きる。体力が半分でも残っているうちに辞めたい。(残りの人生で)やりたいこともあるしね。じゃあそういうことで」と弱音ばかりのまま、控室へ消えてしまった。

 とはいえ、まだ革命戦士はマット界に必要とされているのも事実。8月5日には全日プロの金沢大会に出場も決まっており、この日は第3弾大会(12月28日、後楽園)の開催も発表された。

 長州は1998年1月の新日本プロレス・東京ドーム大会で引退式を行うも、2000年7月に邪道・大仁田厚の執拗な挑発を受けて現役復帰。その後も引退説が流れた。初対戦、しかも専大の後輩・秋山に敗れて弱気になっただけと受け止めたいが、長州の正式な決断が待たれる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!