【フレッシュ球宴】阪神・森木大智が躍動! 師・平田監督の〝厳ノルマ〟まずまずクリア?

2022年07月23日 22時44分

長崎のマウンドで躍動した阪神・森木(東スポWeb)
長崎のマウンドで躍動した阪神・森木(東スポWeb)

 虎の大器が躍動した。阪神のドラフト1位ルーキー・森木大智投手(19)が23日に行われたプロ野球フレッシュオールスター(長崎ビッグNスタジアム)にウェスタン選抜の先発としてマウンドに上がり、1回1安打無失点、2奪三振だった。

 初回、先頭の池田(ロッテ)を外角の152キロ直球で空振り三振を奪うと、続く吉野(楽天)はスライダーで中飛。その後は二死一、二塁とピンチを招くも、山本(ロッテ)から150キロの直球で空振り三振を奪い、大役を終えた。

 この日の最速は153キロ。試合前にはチームの師でウ軍の総大将を務めた平田監督から「全打者三振&直球160キロ令」が飛び出したが、結果的には2つの三振を奪う躍動ぶり。森木は「160キロ出せなかったのは悔しいですけど、三振3つ取れなかったですけど、2つまっすぐで取れたのは収穫だと思います」とはにかんだ。

 平田監督も愛弟子の活躍に「良かったんじゃない? 藤田とのバッテリーで直球に意識持って三振2つやろ? 意識して取りに行ってるのでね、こういう舞台でいい投球できたっていうことを後半につなげてほしいよね」と思わず笑顔を見せた。

 より激しさを増すセ界の順位争いで、巻き返しを図る虎の救世主となることはできるか――。

関連タグ: