阪神・藤浪〝目からウロコ〟の連続だった宿敵エース・菅野の教え「これまでとは違う」

2022年01月11日 18時59分

合同自主トレを行った巨人・菅野(左)と阪神・藤浪(球団提供)
合同自主トレを行った巨人・菅野(左)と阪神・藤浪(球団提供)

 阪神・藤浪晋太郎投手(27)が11日、巨人・菅野智之投手(32)らと沖縄県内で行っている自主トレを公開。宿敵・巨人のエースにあえて教えを乞いにいった経緯と真意を明かした。

 今オフのテーマとして「技術の習得と再現性の向上」を掲げた藤浪は「知人から(菅野との合同自主トレの)お話を頂いて、せっかくのチャンスをフイにすることはないと思った。(菅野は)日本でトップクラス、1番と言っていいほどの再現性と安定感が高い投球スタイルの方。そういうところが自分に一番欠けているところだと思ったので、お願いできますかという形になりました」と合同自主トレ実現への経緯を説明。「勉強になるところが多い。自分のチームの人と一緒にやるのもいいと思うんですけど、オフの期間にしか他球団の一流の方には話を聞けない」と語った。

 菅野からは「軸足の使い方を重点的に」教わっているとのこと。「(これまでも)軸足を意識しないことはないんですけど、それ以上に重点を置いてという感じで話をしてもらった。考えを改めてというか新しい視点で投球フォームを見ることができている。(菅野は)トレーニングひとつをとってみても、すごく一つひとつの動作、微妙な力の方向を意識されているなと思った。丁寧さというかなんというか、これまで見てきたものとはちょっと違うなと思いました」と〝目からウロコ〟の連続だったという。

 ここ数年は制球難に苦しみ、思うような結果を残せていない虎の大器右腕。今オフに叩いた新たなドアは、苦境打開の糸口となるか、注目したい。

関連タグ: