CS敗退の阪神が秋季練習スタート 第一歩は「話し合い」から

2021年11月11日 05時00分

阪神・矢野監督(東スポWeb)
阪神・矢野監督(東スポWeb)

 阪神は10日、甲子園球場で「秋季練習」をスタートさせた。

 この日は一、二軍の全選手を集めたが、実技練習などは全体では行わず、矢野監督がミーティングを行うなど、来季にむけての〝第一歩〟は「話し合い」から。「気持ちのつながりというか、確認だよね」と選手だけにとどまらず、裏方スタッフなど関係者全員から来季のスローガンを募り、意思統一の重要性を再確認する機会を設けたという。

 11日から二軍施設の鳴尾浜と2つの球場を使用し矢野監督と平田二軍監督が交互に、現場指揮を執る予定。矢野監督は「平田さんにも、自由に動いてくださいと伝えてある」と月末まで、実技練習を含めた鍛錬の場にしていく。

関連タグ:

ピックアップ