中日・根尾 開幕アピールならず…楽天・涌井&田中将との対戦は3打席ともヒットなし

2021年03月06日 16時16分

凡退に悔しそうな表情を浮かべる根尾

 中日・根尾昂内野手(20)が、6日の楽天戦(バンテリン)に「9番・レフト」で先発出場。第1打席で先発・涌井、第2、3打席で田中と対戦したが、いずれも凡退に終わった

 第1打席は2回二死満塁と先制のチャンスで打席に入った根尾だが、1-1からの3球目を二ゴロ。5回一死からの田中将との対戦でも、2-2からの6球目を二ゴロに倒れた。さらに7回無死一塁での第3打席も田中将の前に空振り三振。バンテリンドームはため息に包まれた。

 根尾は5日、涌井、田中将という日本球界を代表する投手と対戦することについて「すごい投手です。他の選手が打てなくて、自分も打てないのではなく、打ったら評価が上がる投手なのは間違いありません。前向きに打席に立ちたい」と語っていたが、開幕一軍に向けてアピールすることはできなかった。

関連タグ: