〝強気発言〟で逆風変えた楽天・石井新監督 浮上のカギ握るドラ1・早川の育成

2021年01月02日 05時15分

手腕が注目される楽天・石井新監督

 楽天・石井一久GM兼任新監督(47)が逆風から一転、大きな期待を寄せられている。

 昨季リーグ4位に沈んだチーム低迷の責任を取り、三木監督がわずか1年で再び二軍監督へ配置転換。代わって編成トップの石井GM自らが現場の指揮も兼務するサプライズ体制となったが、これまでのイメージがマイナス材料となって周囲は歓迎ムードではなかった。

 無理もない。一昨年のオフはチームをAクラスに引き上げたはずの生え抜き指揮官・平石監督(現ソフトバンク打撃兼野手総合コーチ)を「僕の中で(同年のシーズン3位)は3段階に分けたらBクラス」と言い切って〝解任〟。加えて独自ルートを駆使して関係の深い選手やチームスタッフを呼び寄せるなど「豪腕GM」としての印象が強く残っていたからだ。

 ところが、石井兼任監督の開き直りにも似た強気の言葉に周囲の見方も変わりだしている。就任会見では「この仕事って〝非難いっぱい、称賛少し〟という仕事だと思う。しっかりとそこは何を言われても自分の信念を貫いていこうとは思ってます。(その上で)非難というのはしょうがないと思います。僕は褒めてほしいとも思っていない」「何を言われようがブレずにまい進したい。中長期的に骨太のチームを作る」など〝石井節〟を連発したからだ。

 球団関係者は「本人も逆風の中での就任は覚悟の上だったとはいえ、あれだけの力強いメッセージはなかなか発せられるものではない。間違いなく球団全体も『石井体制で行くぞ』と1つにまとまったと思う」と一蓮托生モードに切り替わったことを強調した。

 未知数の指導経験については4球団競合の末、獲得したドラフト1位・早川隆久投手(22=早大)が「石井監督のような投手になりたい。自分の投球を見てもらった上で、アドバイスをいただきたい」と弟子入りを志願。それだけに「同じ左腕で超大物の早川を育成すれば、石井監督の手腕への評価もおのずと高まっていく」(関係者)というわけだ。逆襲イヤーとなるか、お手並み拝見だ。