阪神・糸井が勝ち越し2号2ランで100万円ゲット!

2020年09月29日 20時51分

5回、勝ち越し2ランをバックスクリーンに叩き込んだ糸井

 阪神の糸井嘉男外野手(39)が29日の中日戦(甲子園)の5回に勝ち越しの2号2ランを放った。3―3の二死一塁から相手先発・勝野の投じた初球の144キロの直球をバックスクリーンに放り込んだ。

 この日は2打席目まで空振り三振、捕邪飛。いずれも走者を置いた場面で凡退していたが、6月27日DeNA戦(横浜)以来の一発で今季から適用された「ユニ・チャーム バックスクリーンホームラン賞」による賞金100万円もゲット。糸井は「初球から思い切って打つだけでした。それだけです!」とコメントした。