広島サヨナラ負けもG菅野の開幕12連勝は意地で阻止

2020年09月22日 21時35分

9回、松山の一打で一塁から一気に本塁突入した曽根。後方の長野は「セーフ」のポーズ

 最後に驚異の粘りを見せた。広島は22日の巨人戦(東京ドーム)の9回、1点ビハインドから打撃陣が奮起した。

 先頭の坂倉は巨人先発・菅野の前に3打数無安打といいところなしだったが、2番手のデラロサから中前打。一走には曽根が送られた。続く4番・鈴木誠は二飛に倒れたが、5番の松山が左中間を破る打球を放つと一走・曽根は俊足を飛ばして一気にホームに生還し、同点に追いついた。

 これにより菅野の開幕から12連勝という球団記録更新を土壇場で阻止した。松山は「初球から積極的にいきました。(曽根)海成がよく走ってくれました」と話したが、試合は9回にサヨナラ負け。それでも打線は最低限の意地を見せた。