【プロジェクトC】2020プロ野球“妄想開幕”幻の序盤戦「プロスピ」最新版で完全シミュレート:パ・リーグ編

2020年05月02日 16時30分

ZOZOマリンのマウンドに立つ佐々木朗、「プロ野球スピリッツ2019」より、日本野球機構承認、プロ野球フランチャイズ球場公認(C)-Konami-Digital-Entertainment

 プロ野球はゲームでもビールを飲める! 球音を待ちわびるファンに向け、本紙は人気野球ゲーム「プロ野球スピリッツ2019(2020年アップデート版=PS4)」(株・コナミデジタルエンタテインメント)の力を借り、2020年シーズンを「東スポリーグ」と称して仮想開幕。プロ野球担当記者陣がガチ参戦し、幻の3月20日開幕戦から5月6日までの試合を完全シミュレートした。大混戦のセ・リーグ編に続く今回は、波乱のパ・リーグ編。もちろん、あの超大物ルーキーも登場だ。

 もしあの日に開幕していたら…。そんな妄想に応えてくれるのが「プロスピ」だ。今回本紙は「ペナント」モードを選択。3月20日の開幕オーダーを各球団担当記者が取材を元に本気で予想し、プレーヤーの実力差が出ないように試合は「観戦モード」で実施した。

 セ・リーグ編は阪神、中日が首位に立ち、巨人がゲーム差なしで追う大混戦となったが、パ・リーグ編は本紙プロ野球取材班もびっくりの展開。「そんなわけあるか!」とのツッコミもあろうが、ドラマが生まれるのもプロ野球の醍醐味だ。

 まず開幕から好スタートを切ったのは、昨季日本一のソフトバンク。積極補強の楽天、3連覇を狙う西武と続き、順当な序盤戦になるかと思われた。ところがダークホースが急浮上する。昨季最下位のオリックスだ。

 昨季も最優秀防御率投手に輝いた山本が、先発として5月6日まで破竹の5連勝を挙げ、リーグトップの防御率1・15を記録。二枚看板の山岡も防御率4・09ながら5勝2敗と勝ち星を重ね、山本とともに勝利数でトップタイに立った。

 打っては主軸の吉田正が打率リーグ首位の3割4分3厘、超大物助っ人のジョーンズも打点トップの38打点を記録するなど、メジャーリーガーの実力を発揮。投打のかみ合ったオリックスは快進撃を続け、5月6日終了時点で2位・楽天に1ゲーム差の首位に君臨する結果となった。

 とはいえ、今季のパ・リーグで最も注目されるのはロッテの黄金ルーキー・佐々木朗希投手(18=大船渡)だろう。チームは4月に6勝16敗1引き分けと急ブレーキがかかり、5月に入っても1日の楽天戦から4連敗と絶不調。そんなチームを救うべく、163キロ右腕は5月5日のこどもの日に緊急一軍昇格。首位オリックス戦(ZOZOマリン)でプロ初先発、初登板を果たす。

 本当に実現すれば、世間が大注目すること間違いなしの一戦。初マウンドに立った佐々木朗は2回にT―岡田に洗礼のソロを浴びるも、以降は最速163キロの剛速球でオリックス打線を翻弄。マリンの強風にユニホームをはためかせ、マウンドで仁王立ちした。

 ルーキーの力投に応えて打線も奮起し、2回にレアードの適時打で同点とすると、5回にはマーティンの適時打で勝ち越し。その後も得点を重ねて計4得点。援護を受けた佐々木朗は疲労の色を見せながらも6回1/3を1失点で、見事に初先発初勝利を挙げた。

 チームの連敗を4で止め、まさに救世主となったスーパールーキー。ゲーム上では振るわない順位となったものの、何度も波乱のペナントを演出してきたロッテだけに、“令和の怪物”を擁して大旋風を巻き起こす可能性も十分にありそうだ。

【注目の開幕カードは】幻のパ・リーグ開幕カード(3月20日)も本紙野球取材班によるガチ予想オーダーで完全シミュレート。結果は以下の通りだ。

▽ソフトバンク―ロッテ(ペイペイ)6―3でロッテが快勝した。ロッテは2回にマーティンの1号ソロで先制。一時はFA移籍後初先発の美馬がソフトバンク打線に捕まって逆転を許すも、1点ビハインドで迎えた6回に井上が同点ソロ。9回に田村の適時打で勝ち越しに成功し、終わってみれば3点差で勝利をつかんだ。

▽西武―日本ハム(メットライフ)昨季覇者の西武が3―2で激戦を制した。序盤は西武・ニール、日本ハム・有原の投手戦。2―2の延長12回、西武は二死二塁で新助っ人・スパンジェンバーグがサヨナラ適時二塁打を放ち、劇的勝利を飾った。

▽楽天―オリックス(楽天生命パーク)3―0でオリックスが勝利した。3回に吉田正の適時打で先制、鳴り物入りで入団したジョーンズが来日1号2ランを放って豪快なデビューを飾ると、投げては山岡が無四球完封。絶好のスタートを切った。

〈番記者は「夢のある展開」〉
☆オリックス担当・西山記者:まさかオリックスが首位に躍り出るとは、驚きというか、夢のある展開ですね。戦前の私の予想では山岡、山本の2本柱頼りの投手力と比べ、打線はジョーンズ次第で得点力が格段にアップするとみていました。やはり4番にジョーンズが座ることで、3番・吉田正と勝負せざるを得なくなった結果がいい方向に出ていますね。彼らに発奮したのか、モヤもヒット量産で意外性(?)を発揮。いずれにしても1996年以来、24年ぶりのミラクルを期待させる展開です。ゲーム上だけでも、夢が最後まで続くように願っています。

【伊原春樹 新・鬼の手帳】おいおい、オリックスが首位だって? そりゃあ、ちょっと無理がないか(笑い)。確かに山本はいい投手だけれど、次に山岡ぐらいしか名前が出てこない。ゲームでは5月6日までか。開幕ダッシュに成功しても、先発陣が息切れしてしまうんじゃないかな。

 とはいえ、1996年以来、久々の優勝も悪くはないね。新外国人のジョーンズが4番で大当たりしているようだけど、私も彼は日本の野球にアジャストするんじゃないかとみていますよ。オリックスは大物外国人が期待外れということが多いんだが、謙虚にやってくれたら彼はかなりの戦力になるでしょう。

 ただ実際の中心はやはり西武とソフトンクだろうね。西武のチーム防御率はリーグ4位の3・36か。今季は今井や高橋光、松本らの成長が期待できる。そのぐらいの数字に抑えられるなら、3連覇がはっきり見える。

 ロッテは最下位ということだけれど、実際は優勝をうかがう力を付けてきていると思いますよ。ただ佐々木朗の5月投入は早いな。そこまで井口監督は困っていないはずだし、冷静に見極めるはず。順調でも夏場に入ってからでいいと思うな。

 たとえゲームでも、野球の話で盛り上がれるのは楽しいね。ファンの方々と同様、せっかちな私も開幕が待ち遠しいけれど、今は伸び放題だった庭の木を剪定したりして気を紛らわせています。今は我慢が続きますが、球音が戻る日を楽しみに待ちましょう!(本紙専属評論家)

関連タグ: