巨人関係者が危機感 新型コロナ感染防止に「12球団統一ルール」を!

2020年03月13日 16時30分

福岡から帰京した原監督

 本当にこのままで大丈夫なのか…。ペナントレースの早期開幕を目指しているプロ野球。12日には第3回の新型コロナウイルス対策連絡会議が開かれ、専門家チームから感染リスクの高い行動の具体例が示された。球界全体で未知との闘いに挑むなか、巨人内部から持ち上がったのは遠征時などの“12球団統一ルール”の制定。その理由とは――。

会議で提示されたのは感染拡大を抑制するファンの応援スタイルや選手、チーム関係者らに対する留意点。これを受けて開かれた12球団代表者会議では、4月10日以降の開幕を目指す方針が確認された。

 その大前提となるのは、まず球界から感染者を出さないことだろう。巨人の球団関係者も「ウチだけでなく、まずはどのチームも感染者を一人も出さないこと。仮に感染者が出れば、練習試合などにも支障を来す可能性もある。それ以上に、開幕をさらに延期しろという風潮にもなりかねない」と強い危機感を示している。

 10日に通常開幕させるためにも、各球団に求められるのは感染防止策だ。巨人では遠征中は宿舎からの外出を禁止している。これは外部との接触を遮断することが目的だ。また、自宅がある東京での過ごし方についても不要な外出を控え、同居する家族の健康状態をチェックするように注意喚起している。

 球団幹部は「選手たちには窮屈な思いをさせているけど、開幕させるためには仕方がない。これでも万全な対策なのかは分からないが、考えられる最善策を取るしかない」と話した。一方で「球団ごとに考え方の違いや危機感の強さに違いが見えるのは、いかがなものかと思う」とも首をかしげる。

 新型コロナ対策は球団によってマチマチなのが実情だ。13日から東京ドームで対戦する楽天は巨人とほぼ同じで外出禁止を原則とし、地元・仙台でも不要な外出の自粛を求めている。その一方で阪神のように遠征先での外出を規制せず、各自の判断に委ねている球団もある。
 別の球団スタッフからは「今やるべきことは打てる手を打ち、とにかく感染者を出さないこと。相手がウイルスだけに“外禁”にしても、それでも感染者が出るかもしれない。だけど、少なくとも外を出歩ける環境よりも感染リスクは低いはず」と話す。

 では、どう対処するべきか。「12球団で統一のルールを作るべきなのでは? プロ野球全体の問題なわけだから、自分のところだけ良ければいいという話ではないでしょう」(同)
 もっとも各球団もNPBも次々と浮上する問題に手一杯なのが現状だろう。どうにか「国難」を乗り越え、開幕にこぎつけたいが…。