プロ野球開幕は4月10日以降 斉藤コミッショナー「日本シリーズは11月ギリギリまで延ばす」

2020年03月12日 20時28分

厳しい表情で開幕日程に言及した斉藤コミッショナー

 プロ野球の12球団代表者会議が12日、東京都内で行われ、4月10日以降の開幕を目指していく方向性で固まった。

 午前中に行われた第3回「新型コロナウイルス対策連絡会議」を受けての会合となったものの、事態は流動的な要素が多く、新たな開幕日を確定するまでに至らなかった。

 会議後、会見に臨んだ斉藤惇コミッショナーは「開幕を延期した今、いろいろディスカッションしたが一定の日にち(で新たな開幕日)を申し上げることができない。そうした中、開幕については4月10日以降の複数の日程をシミュレーションしていくことで合意した。CS(クライマックスシリーズ)は短縮も含め、イジったりしながら少し工夫が必要になるかもしれないが、今のところはやる計算でいる。日本シリーズは11月ギリギリまで延ばす」などと話した。

 現状で“最遅”の開幕を「ギリギリで4月24日ぐらい」と計算しているが「それを超えると、オリンピックで空いたところでも(試合の消化でスケジュールを)使わなきゃいけない」と同コミッショナーは厳しい表情ものぞかせた。

 開幕までの期間は当面、すでに発表済みのレギュラーシーズンの組み合わせを無観客の練習試合とすることも決まった。当該球団同士の話し合い次第では試合開始時間や場所、ゲーム数の短縮など臨機応変に対応を図れるような態勢を整えることも確認されたという。

 23日もJリーグと合同の第4回新型コロナウイルス対策連絡会議が開催される予定となっており「そこで一歩進めた話になるかと思う」(斉藤コミッショナー)。開幕日未定の不透明な状況は、まだしばらく続きそうだ。