ポスティングで米移籍めざす広島・鈴木誠也 MLBが「契約可能選手」と全球団に通知…争奪戦へ

2021年11月22日 06時10分

いよいよ争奪戦が始まる(東スポWeb)
いよいよ争奪戦が始まる(東スポWeb)

 米大リーグ機構(MLB)は21日(日本時間22日)にポスティングシステムでのメジャー移籍を目指す広島の鈴木誠也外野手(27)を全30球団に契約可能選手として通知した。交渉期限は米東部時間12月22日午後5時(日本時間同23日午前7時)。譲渡金を支払う意思を持つ球団が交渉可能となる。

 今オフの移籍市場では有力外野手が少なく、複数の米メディアがすでに注目選手と報じている。MLB公式サイトのTOPに目玉選手の一人としては鈴木誠の顔写真が掲載され、最新ニュースにアクセスできるようになっている。争奪戦は必至だろう。

 ただし、12月1日(同2日)が交渉期限となっている新労使協定がMLBと選手会の間でまとまらなければ、球団側がロックアウト、選手会側がストライキに打って出る可能性が指摘されており、ポスティングやFAなどの移籍市場は滞ることになる。影響が心配だ。

関連タグ:

ピックアップ