MLBの最優秀守備選手を選ぶ「プラチナグラブ賞」のファン投票が実施中

2020年11月05日 09時06分

最多受賞のモリーナ(ロイター=USA TODAY)

 メジャーの今季のゴールドグラブ受賞者が3日(日本時間4日)に発表され、最終候補3人に残っていたア・リーグ投手部門のツインズの前田健太投手(32)とナ・リーグ左翼手部門のレッズの秋山翔吾外野手(32)は受賞を逃した。

 そのゴールドグラブ賞受賞者の中から各リーグの最優秀守備選手をファン投票で決めるプラチナグラブ賞が、米老舗スポーツメーカー、ローリングス・スポーツ社のウェブサイトで実施中だ。

 締め切りは米国東部時間5日午後11時59分59秒(同6日午後1時59分59秒)で、同6日午後6時(同7日午前8時)からMLBネットワークで発表される。

 プラチナグラブ賞が制定されたのは2011年で、今年で10年目。最多はカージナルスの捕手モリーナの4回だ。昨年はア・リーグがアスレチックスの内野手チャプマンで2年連続、ナ・リーグはロッキーズの内野手アレナドが3年連続で受賞している。