広島が2日連続で助っ人獲得 マクブルーム「日本でプレーできる機会を与えられ興奮している」

2021年11月05日 17時53分

広島の本拠地・マツダスタジアム(東スポWeb)
広島の本拠地・マツダスタジアム(東スポWeb)

 2日連続での新助っ人の獲得だ。広島は5日に今季、米大リーグ・ロイヤルズでプレーしたライアン・マクブルーム内野手(29)との契約合意に達したと発表した。外国人選手の補強は前日4日のドリュー・アンダーソン投手(27)に続いて2人目だ。

 マクブルームの契約金は30万ドル(約3400万円)、年俸は70万ドル(約8000万円)プラス出来高。今年ロイヤルズに所属した助っ人は7試合に出場して打率2割5分で、本塁打、打点ともに0だった。メジャー通算では66試合で打率2割6分8厘、6本塁打、16打点。

 ただ、今年115試合に出場した3Aで打率2割6分1厘ながら32本塁打、88打点の成績を残した。背番号は未定。マクブルームは「日本というすばらしい国でプレーできる機会を与えられたことにとても興奮しています。広島のファンの方々に優勝を届けるためにプレーすることを待ち遠しく思っています」と球団を通じコメントした。
(金額は推定)

関連タグ:

ピックアップ